シンコワは、怖い話のまとめサイトです。

真・怖い話まとめ

ある有名な霊山にドライブに行ったときの話

実話を一つ。

これ、でも友達の話です。

そこはご勘弁。

ある有名な霊山にそいつが車で出かけた話です。

夏、友人は車2台連なってある霊山に出かけた。

霊感の強いメンバーが2名ほど居て、車中に居る頃から

「様子がおかしい。」

のは気が付いていたそうだ。

ハッキリと様子がおかしいと気が付いたのは帰りの道中。

夜になっていたんだが、車がどこに居るのか良く解らない。

ずっと林道を走っているんだが、町に着かなくなった。

時間的にはとっくにどこかの町に出てもおかしくない。

遅くなってから、霊感の強いメンバーが

「もうどこかをグルグル回っている可能性が高いから、日が出るまで仮眠しよう。」

という提案が出て、場所が場所だけに周囲も仕方無く同意した。

深夜になって仮眠していると、誰かが真っ暗な山中なのに現れた。

「おい。何してる。」

と。



とても音響が大きく、ぶっとい声だったそうだ。

「いや、これこれで・・。」

と一人が説明すると、

「早く帰れ。」

と一言だけ言ったそうだ。

そのとき、車の中の人間が見たものは、異常に背が高い人間だったと言う。

窓から見える腰が車のルーフにあるくらいの、とても大きな人物。

車の後ろの方から現れて、前方に去ってゆくシルエットを見たら、
ゆうに3メートルはあって、2人連れ。

のっしのっしと歩いていたそうだ。

おかしいのは藁で出来た腰巻のような、
彼らは古代人のような格好をしているシルエットで、
それは現代人のものでは無かったそうだ。

翌朝、もう一台の車の連中にこの話をしても、
そんな声は聞こえなかったと言う。

かなり大きな声だったのに・・・と彼は言っていた。

コメント(0)

書き込む