シンコワは、怖い話のまとめサイトです。

真・怖い話まとめ

車で温泉宿に向かったんだが最後のトンネル前で同じ場所を無限ループした体験談

休日の夕方に友達3人で、
温泉宿に向かう山道を車で走ってた。

車の持主が運転、も一人は後部座席、俺が地図を見ていた。

地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけなくて、
2つ目まで何の疑問もなく通り過ぎた。

そして「あとトンネル一つ」とか俺が言ったら、
トンネルの手前に集落が左手に見えて、
広場で祭が行われてるように見えた。

今思えば、窓も閉め切ってたのに、
太鼓や人の声が異様な位大きく聞こえた気がするが、
温泉宿はもう近いし、祭に寄ってみることにした。

集落に向かう道は細く、田んぼの中を通って、
すぐさま祭が行われてた広場に着いた。

すると、さっきまで祭囃子が聞こえていたのに
人っ子1人見たあらず、音もいつの間にか消えていた。

そして、まるで長い間放置されたかのような
祭のセットだけが佇んでいた。

その時点でかなり寒気がして、足早に立ち去ることにした。

車の中では

「あれなんだったんだろ、ちょっと怖いよな」

って話をしながら、車は本来のルートに戻り、
開なんとかトンネルって名前の3つ目のトンネルを通り抜けた。



この時の風景はセピア色で、今でも頭に焼き付いてる。

運転手が酷く怯えた声で、

「ここ、さっき通ったよな?」

俺にも後部座席の友達にも、確かに見覚えがあった。

それでも車を進めて行くと、
さっき通ったハズの集落の祭が見えてきた。

祭囃子も聞こえてきた。

俺たちは口々に、

「道間違えたんだろ」

とか

「地図が間違ってる」

とか言い合いになった。

だが結局、地図の通りだと大きい道は一本道だし、
進むしか無いから車を進めていった。

そしてまたトンネルを抜けたが、また同じ風景だった。

流石に尋常じゃないから、
俺たちはほぼ無言になり、一旦車を停め外に出た。

そして、トンネルの反対側からトンネルの名前を確かめた。

開なんとかトンネルとなっていた。

俺たちはどうすることもできないから、
一旦戻ることに決めた。

トンネルを戻ると、
何故か右側にはあるハズの集落が無く祭も無かった。

そして正面からトンネルの名前を確かめると、
開なんとかトンネルとなっていた。

俺たちはやはりほぼ無言で再び車に乗り込み、
そのトンネルをまた通った。

すると、さっきまでとは違う開けた風景が目の前に広がり、
俺たちは安堵し、温泉宿に向かった。

その後、俺たちは不幸に見舞われたとかは無いが、
俺はそれ以降、その2人とは疎遠になってしまった。

コメント(0)

書き込む