シンコワは、怖い話のまとめサイトです。

真・怖い話まとめ

謎の友人

僕の友人に不思議な奴がいます。

自宅は壁一面に無数の死体の写真が貼られており、
テーブル、タンス、窓枠、つまり物が置けるスペース全てに、
隙間無くロウソクが立たされておりました。

毎日空を見上げながら歩き、
病院に忍びこんでは霊安室に行き死体をみたり、
時には動かしたりもしていたようです。

しかし、話してみると案外普通の奴なんで、仲良く付き合ってたんですが、
そいつの小学校のクラスメイトと別の所で知り合った時に、
昔の変な話を聞いたんです。 「アイツ走り出さない?」

そう言われた僕は意味が分かりませんでした。

聞き返すと、

「あー、今はそんな事無いのかな。
アイツ小学校の頃、突然叫びながら走り出すクセがあってさ、
そのまま居なくなっちまうんだよ。
家にも帰ってなくて、一回大騒ぎの大捜索になってさw
3日経って帰って来たんだけどね」

そこまで痛い奴だったのか、
そう僕は思ったんですが、話には続きがありました。

「それで先生がどこ行ってた!!
って怒ったら、アイツ『空』って答えたんだよw」

アイツの級友はまだ話を続けます。



「でさ、学校に一泊する行事があったんだけど、
アイツに遅刻したんだよ、丸一日も!
一泊終わった次の日の朝に、リュック背負って学校来たんだよ!w
皆で爆笑したんだけどさ、実は裏では大騒ぎだったらしくて。
アイツ、ちゃんと前日の朝家出てたらしいんだよ。
で、学校来ないから、父兄も教師も失踪かもってかなり探してたらしいんだわ」

その話を後日アイツにしたところ、
アイツは真剣な顔で僕に言ったんです。

「頭がおかしいとは思わないでね。
でも空に行ったんだ。夢かもしれないけど。
学校宿泊だってちゃんと朝家を出た。
道をいつも通り歩いて行った。でも、着いたら次の日だったんだ。
小さい時から、親からもおかしいって言われ続けてきた」

そう言って窓を開けると、

「証拠を見せる」

と言って口笛を吹いた。

「こうすると返事が来るんだ」

するとどこからともなく電子音のようなものが聴こえてきて、口笛と合わさり、
その数は増えつづけ、大合奏のメロディとなったのです。

その日を最後に、アイツは消息を絶ちました。

アパートも引き払って、実家は空家になっておりました。

そしてあの大合奏を、近所の誰も聴こえなかったと言うのです。

コメント(0)

書き込む